最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

Arcana

アフィリエイト

  • amazon5
  • amazon4
  • amazon3
  • amazon2
  • amazon

お知らせ

  • 魔除けの呪文
    人權 Human Rights 民運 Democratization 自由 Freedom 獨立 Independence 多黨制 Multi-party system 胡耀邦 趙紫陽 魏京生 反共 法輪功 北京之春 激流中國 大紀元時報 九評論共産黨 獨裁 專制 壓制 侵略 掠奪 破壞 屠殺 民族淨化 内臟器官 蛇頭 遊進 走私 六合彩 賭博 色情 中華民國 Republic of China 西藏 Tibet 達?喇嘛 Dalai Lama 東突厥斯坦 East Turkistan 六四天安門事件・天安門大屠殺
  • リンクについて
    このHPはリンクフリーです。バンバンリンクして頂いてOKです。相互リンク希望の方はコメント欄にて受け付けますが、広告サイトと架空請求サイト(と判断したもの)はお断りするかもしれません。

« オリンピックと小ネタ | トップページ | 肩の力を抜いて »

竹島と毎日新聞

心震えるようなネタに出会えませんでした…。
いきなり手抜き宣言かよw。
質の低さは数で補うさ。
数でごまかすの間違いですよね?
…。

訂正。書いているうちに新しいニュースが入ってきて、燃料有りまくりになりました。
良かったですねw
勝手に頑張ってくれ。

まずは韓国から、感情的ではない反論が到着した。
【竹島】 日本の減らず口を閉じさせる「独島、10のポイント」~日本外務省の主張に反論する[07-19]
南朝鮮からのまともな反論。でもラスク書簡とサンフランシスコ講和条約という日本の切り札に対する反論になっていない。
そう言う物なのか?
と言うかあの国、日本が併合するまでまともな教養を持った人間がほとんどいなかったわけだから、国の中にまともに資料が残ってるはずがない。有ったとしても見当違いな物ばかり。
ではラスク書簡という物の内容はどんなのでしょう?
ラスク書簡の原本
抜粋
ドク島、又は竹島ないしリアンクール岩として知られる島に関しては、この通常無人島である岩島は、我々の情報によれば朝鮮の一部として取り扱われたことが決してなく、1905年頃から日本の島根県隠岐支庁の管轄下にあります。この島は、かつて朝鮮によって領土主張がなされたとは思われません。
と言うことだ。アメリカのお墨付き。
かの国では証拠が発見されたとの報告はあっても、その証拠となる物を見せぬ辺り、卑怯者のそしりを免れぬ。
まぁ既知外の国だからね。一応サンフランシスコ講和条約の全文も載せておこう。
サンフランシスコ講和条約
竹島(独島)の権利を放棄するとはなってないね。
国際司法裁判所で決着をつけて欲しいですね。
あの国が負ける勝負をしてくるとは思わないけどね。結局宣戦布告もしてこないし。もし万が一宣戦布告されれば日本は自衛のために自衛隊を動かせるからね。
そうなる前に平和的に決着がつけばいいですねw。
あの国に限ってあり得ないと思うけどね。これ見てみろ。
【竹島問題】ハンナラ党の李在五前議員が米国で演説:「米議会が日本の意見を聞くなら、韓米同盟はもう不可能だ」[07-19]
抜粋
アメリカ『お前らで解決してくれww』
だよねw。アメリカ曰く「日本は同盟国・韓国はパートナー」なんだそうだ。
彼らの頭の中ではどうなってるんでしょう?
きっと、優秀な俺たちとの同盟をアメリカが切るはずがないとか思ってるんだろう。
アメリカは国益に敏感ですからね。そう言う意味では容赦なく同盟を切ってくる国だと認識した方が良いと思います。
日本も気をつけておかないとね。
金があるうちは大丈夫だろうw。ATM代わりに使ってくれるぜ?
危険な発言はやめてください!

おまけ
そんな韓国の恐るべきウォシュレット
韓国のウォッシュレットwwwwパネェwwwww - おはようwwwお前らwwwwwwww
貫通かよ!
それを言うなら浣腸だろw。
腸内洗浄も思いのままであるなw。
うほ!いい男!
誰だお前。

さて久しぶりの毎日新聞ネタ。
毎日新聞「処分を追加したよ?この位でそろそろ許してよ」
>MDN(毎日デイリーニュース)を刷新するのは、海外に向け正しい日本理解の素材を発信するサイトとして立て直すためです。また、今回のような配慮のないコラムが掲載され続けたのは、チェック体制の欠陥に加え、女性の視点がなかったことも一因という反省から、新たな編集長には女性を置くことにしました。
編集長一人の問題にすり替えようとしているけど、【hentai】METAタグは会社全体の意志のはず。

>MDNサイトの全ページに、検索エンジンに反応しやすいようプログラムに埋め込む「メタタグ」のキーワードが41語登録されていた。その中に「hentai(ヘンタイ)」「geisha(ゲイシャ)」「japanese girls(ジャパニーズガールズ)」という単語もあった。 MDNの外国人スタッフが昨年8月、これらの単語をキーワードに指定して技術スタッフに伝えたメールが残っている。昨年10月の毎日新聞サイトのリニューアルに伴うものだった。この外国人スタッフは「忙しかったのでよく覚えていないが、私がつけたと思う」と証言。メタタグについても担当者のみでやり取りがなされ、上司は把握していなかった
この期に及んでまだ被害者面か?技術スタッフが勝手にやったと言いたいんですか?そんなわけ無いだろ!絶対に変更の前に口頭で「変えて良いですか」と聞かれてるはず。その技術スタッフの名前を表に出さないのは、本人に直接訊かれるの恐れているとしか思えない。
そんなスタッフいないのかもしれないぜ?
もし存在したのであれば、処分の対象からは免れえぬな。
処分したと発表されてないって事は存在してないって事でしょうか。

>内部調査の結果、問題のコラムは掲載の際にほとんどチェックを受けず、社内でも問題の大きさに気づかずにいたことがわかりました。何度もあった外部からの警告も放置していました。いずれも深刻な失態であり、痛恨の極みです。これに関連して関係者を内規に従い、厳正に処分しました。
謝ってはいるけど、2年前から継続して意見を無視し続けたことに触れていないし、問い合わせに対する不誠実な対応も言及されていないし、厳正に処分(笑)の内容も明らかになっていない。
これの事じゃないでしょうか?
>毎日新聞社は6月27日に、担当記者に加え、朝比奈豊社長(役員報酬10%返上・1カ月)、長谷川取締役(同20%返上・同)ら4人を処分しました。さらに、検証結果を受けて99年4月から04年6月まで総合メディア事業局長だった渡辺良行常務について役員報酬20%(1カ月)返上の追加処分を20日付で行いました。
もしかしてこれが厳正に処分(笑)の内容なのか?相変わらず軽微な処分だこと。日本国民全体に対するテロ行為とも言える事件に対してはあまりに軽すぎる。未だに問題を軽視しているとしか思えない。
朝日新聞が珊瑚礁で捏造記事を作ったときは何人もの首が飛んでますからね。

>今回、初めて英文サイトについての見解を求めた「開かれた新聞」委員会の委員の方々には貴重なご意見をいただきました。今後も、英文も含めたウェブサイトについて目配りしていただきます。同時に社外からのご意見に対処する仕組みも強化します。
記事では開かれた新聞委員会に感謝しているけど、これって毎日新聞の1プロジェクトだよね。
livedoor ニュース - 毎日新聞のお手盛り体制には驚いた=「開かれた新聞」委員会の運営で
ジャンプ放送局じゃないんだからさ!
お便りでも読みましょうかw
まともなことを言っているのはこの人だけ。
◇信じられない記事垂れ流し――ノンフィクション作家・吉永みち子氏
ちゃんと毎日新聞がどういう行動を取ってきたかを把握しているね。それに比べてこいつが一番酷い↓
◇読者からの批判 対応せず――作家・柳田邦男氏
毎日新聞のネット上での記事に問題が有ったのに、なぜか最後には毎日を批判している側を叩いている。
間違いを指摘した方が悪いみたいな言い方だな。
たぶんネットに対して個人的な感情が有るんでしょう。

と言うわけで、ネット上の意見の大半は「これで許して良いんじゃない」ではなく「徹底抗戦」だね。
まぁこれじゃあなぁ。
身内に甘い者は外部からの信頼を得られぬものよ。
鎮火させたければ
 ①当時の編集長(現社長)の懲戒免職
  および記者であるライアン・コネルへの処罰

*ライアン・コネル氏についてはこちらを参考にして下さい膳所狒々新報 ライアン・コネル
 ②原文と、嘘であったことの明言と謝罪文を、
  日本および全世界の新聞とTVとネット上への掲載
 ③国会図書館のデータ改変についての釈明と原状回復

は最低ラインだね。信用を取り戻したければこれに加えて
 ④加担したと思われる社員の一斉免職
 ⑤在職している在日社員の一掃
 ⑥新聞メディアを監視する第三者機関の設立

辺りだろうね。
⑤は厳しすぎませんか?関係のない人も含まれているでしょうし。
ネットでは「在日に汚染されているから信用できない」と言う意見が多いんだよ。これを払拭するには、この位の大鉈を振るわないと無理だね。
信用は失うのは一瞬、取り戻すのは一生かかるもので有るからな。

« オリンピックと小ネタ | トップページ | 肩の力を抜いて »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/531730/22424087

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島と毎日新聞:

« オリンピックと小ネタ | トップページ | 肩の力を抜いて »