最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Arcana

アフィリエイト

  • amazon5
  • amazon4
  • amazon3
  • amazon2
  • amazon

お知らせ

  • 魔除けの呪文
    人權 Human Rights 民運 Democratization 自由 Freedom 獨立 Independence 多黨制 Multi-party system 胡耀邦 趙紫陽 魏京生 反共 法輪功 北京之春 激流中國 大紀元時報 九評論共産黨 獨裁 專制 壓制 侵略 掠奪 破壞 屠殺 民族淨化 内臟器官 蛇頭 遊進 走私 六合彩 賭博 色情 中華民國 Republic of China 西藏 Tibet 達?喇嘛 Dalai Lama 東突厥斯坦 East Turkistan 六四天安門事件・天安門大屠殺
  • リンクについて
    このHPはリンクフリーです。バンバンリンクして頂いてOKです。相互リンク希望の方はコメント欄にて受け付けますが、広告サイトと架空請求サイト(と判断したもの)はお断りするかもしれません。

« 2016年10月 | トップページ

2016年11月

アメリカ大統領選挙 速報6

大勢は決した感じですね。

アリゾナでの共和党優勢だけでなく、北部の伝統的に民主党が強いミシガン・ウィスコンシンでも共和党優勢がでています。

ペンシルベニアが大番狂わせで民主党勝利とならない限りはヒラリー候補の逆転は無いでしょう。意や無理だけど。

感覚的には8割の確率でトランプ候補でしょう。お疲れ様でした。

アメリカ大統領選挙 速報5

ネバダではヒラリー候補に軍配が上がったようです。

現在
ヒラリー:トランプ=215:244

各州の状況を調べてみましたが、これはトランプで決まりかも。

共和党の強いペンシルベニアの20票はほぼ間違いなくトランプ候補へ行くとして、北部の方は民主党が強いのでこちらはヒラリー候補へ流れるとする。

キャスティングボードを握っているのはアリゾナ。

アリゾナ自体はどっちの色が強いと言う地域ではないので、毎度接戦をしていますが、ここまで3回の大統領選挙ではいずれも共和党が勝利をしています。辛勝ですがね。

ここの11票がトランプ候補に行ったら過半数越えで決着ですね。

問題は今日はアメリカの株価が下がり、円高ドル安になっていることで、民意はともかく経済界においては好ましく無い選挙結果となりそうですね。

アメリカ大統領選挙 速報4

注目のスィングステート・フロリダと順当にユタ&アイオワ&ジョージアで連続勝利のトランプ候補が順調に票を伸ばしています。

ヒラリー:トランプ=209:244

270が過半数です。残り9州。どれも中規模州なのでこのうち3つを(ペンシルベニアかミシガンを含むなら二つで充分)トランプ候補がとれば勝利。2つまでならヒラリー候補の勝利という事ですね。

つか、超接戦というか、大番狂わせあるんじゃないか?
ペンシルベニアは共和党の強い地域。ここの20がトランプ候補に行くと264。

立ち位置が明らかでないネバダ・アリゾナ・ニューハンプシャー・メーンのうち、6票以上持っているのはネバダとアリゾナ。
ここを一つでも落としたらヒラリー候補の負けが確定。2つ落としたら問答無用で負け確定。

ヤバイ、超燃える展開!

アメリカ大統領選挙 速報3

カリフォルニア州の結果が出ました。
順当に民主党が勝ちまして、これで一気に差が広がるかと思いきやノースカロライナで共和党が勝利しました。

現状
ヒラリー:トランプ=190:187

とまぁとても煽り甲斐のある状況です。

伝統的に民主党・共和党支持の州という物を考慮に入れていくと、例えフロリダが共和党支持に回ったとしてもヒラリー候補の優勢は間違いないですね。

アメリカ大統領選挙 速報2

バージニア州の発表で13人の選挙人を獲得したヒラリー候補ですが、数字上は苦戦しています。
現在
ヒラリー:トランプ=131:168

メディアは接戦ムードを作っていたのに、トランプ候補の圧勝じゃないか…とならないのが大統領選挙。
ヒラリー候補にはまだカリフォルニア州という切り札があり(一応伝統的に民主党が強い地区なので)これが加われば一気に逆転できる算段が付いています。

仮にカリフォルニアを入れたとすると
ヒラリー:トランプ=186:168となり、1州の動向次第では充分逆転があり得る接戦となってます。

こうなってくるとまだ結果が出ていなくて、民主共和の色がはっきりしない大きな州であるフロリダでの行方が気になります。

アメリカ大統領選開票速報:フロリダ州はクリントン氏がリード

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/11/post-6228.php

フロリダは選挙人の数が小規模州の5倍弱、中規模州の3倍程度あるため、ここでの優性は覆しにくい物があります。

数字上はヒラリー候補の劣勢ですが、全体として優勢に進めていると言うところでしょうか。

アメリカ大統領選挙 速報

接戦の様子を演出されていたアメリカ大統領選挙ですが、ふたを開けてみれば・・・やっぱり接戦です。

先ほどまで96対94でヒラリー有利だったんですが、さっきテキサスがトランプ推薦で決定したので104対129とトランプ有利に逆転しました。

全ては選挙人制度という特殊なシステムのせいですが、説明すると速報ではなくなるので、ggr!

多くの選挙人を抱える州が明らかになったら逆転不可能になるので、大統領選挙においてカリフォルニアは注目されてます。今回もカリフォルニアをとった方が勝ちでしょう。

生存報告

何とか生きてます。
そりゃまたご愁傷様。
いやまて、そこは嘘でもおめでとうございます、だろ?
あ、嘘で良いんですね。おめでとうございます。
何でお前達は言葉の機微ってものがわからないかな!
それで主よ、経過は如何か?
ま、とりあえず病院でできることは終わったって事で退院してきた。正直言えば心臓の手術なのに退院までの短さに驚かされる。胆石の方が長かったね。
結局どんな手術だったんですか?
大体こんな感じ↓。

不整脈とアブレーション治療 治療について 治療・療法について 国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス

で、最近の主流として1度にまとめて焼いてしまう方法が使われるようになったらしい↓。
日本メドトロニック,日本初のバルーン型「Arctic Front Advance冷凍アブレーションカテーテル」発売開始
これで4~5時間掛かっていた手術が2時間ほどに短縮できるようになったってさ。
へー、お医者さんにも患者さんにも負担が軽くなって良いですよね。
と言う訳で、この冷凍アブレーションカテーテルで、心房細動の原因になっているループを取り除いてきた訳だが…。
が?
なんかね、珍しいパターンだったらしくて、ループ以外にノイズを発生させていた部分が他にもあったらしく、心臓の壁に電流を流しながらその組織を特定する作業が挟まって、結構長時間の手術になったらしい。局所麻酔と笑気ガスのせいで意識が無かったんだけど、不整脈を無理矢理起こさせられた瞬間に半覚醒して、歓声が上がっているのが聞こえていた。ま、ちょっとしたブラックジャックだね。
じゃあ二つの原因を一回の手術で取り除けたんですね。
まーね。拍抜けする気持ち悪くなる不整脈と、驚くほど拍動して意識を刈り取る不整脈は、連動発展型だと思われてたのが、それぞれが別の原因の物だったってこと。
お前の心臓、毛が生えているだけじゃなくて色々面倒だったんだな。
やかましい。毛はレントゲンに写ってなかったわ!
心臓を弄って何か変わったことはありますか?
まぁあちこち電極で焼いたせいかもしれないけど、心臓の出力が下がってる感じするね。心拍数は上がっているのに脈拍はほぼ一定だって。
下がった出力を補うために、心臓が早く鼓動を打っているって事でしょうか。
俺はそう思っているけどね。とりあえず無理は利かない身体になっていることは間違いない。リハビリで心臓を鍛えるか、生活を老人レベルに落とすか。
元々老人レベルだろ。
ま、否定はせんけど『しないだけ』なのと『したいけどできない』は大違いだ。2週間くらい様子見て、心臓に問題がなければ自転車でも真面目にやってみようかと思うよ。
膝に負担が掛かりにくいのは良いですけど、雪国ですよ?
ロードレーサーを買っても冬場は乗れ無ぇなw。
クロスで走るわ!ろんぐらいだーすも良いけどSPASPAの方が好きだったね。

« 2016年10月 | トップページ